外部プログラム実行サンプル(実行待ち制御、リターン

Javaのプログラムから外部プログラムを実行するサンプルプログラムです。

Home > サンプル集 > Javaサンプル集 > 外部プログラムの実行


外部プログラムの実行

このページには、以下のサンプルを掲載しています。 下の項目をクリックをすると各サンプルにジャンプします。 ※2週間以内の新着記事はNewアイコン、更新記事はUpアイコンが表示されます。
  1. 外部プログラムの実行 ( Execute01.java )  
  2. 外部プログラム実行終了待ち ( Execute02.java )  

1. 外部プログラムの実行

[ サンプルプログラムのソースコード - Execute01.java - ]
  1. package sample.exec;
  2. public class Execute01 {
  3.   public static void main(String[] args) {
  4.     String filename = "C:\\WINDOWS\\system32\\notepad.exe";
  5.     try {
  6.       Runtime.getRuntime().exec(filename);
  7.     } catch( Exception e ) {
  8.       System.out.println(e);
  9.     }
  10.   }
  11. }

[ サンプルプログラムの解説 ]
 Javaのプログラムから外部のプログラムを実行するには、Runtimeクラスの execメソッドを使います。サンプルでは、Windowsのノートパッドを実行しています。


2. 外部プログラム実行終了待ち

[ サンプルプログラムのソースコード - Execute02.java - ]
  1. package sample.exec;
  2. public class Execute02 {
  3.   public static void main(String[] args) {
  4.     String filename = "C:\\WINDOWS\\system32\\notepad.exe";
  5.     try {
  6.       Process proc = Runtime.getRuntime().exec(filename);
  7.       System.out.println("実行中");
  8.       proc.waitFor();
  9.       System.out.println("実行終了");
  10.     } catch( Exception e ) {
  11.       System.out.println(e);
  12.     }
  13.   }
  14. }

[ サンプルプログラムの解説 ]
 Javaのプログラムから実行した外部プログラムの終了を待ってから後続の処理を行う場合は、 ProcessオブジェクトのwaitForメソッドで処理をブロックします。Processオブジェクトは、execメソッドの戻り値で取得します。 上記サンプルを実行するとコンソールに「実行中」と表示してノートパッドが開きます。ノートパッドを終了させるとコンソールに 「実行終了」と表示します。




最終更新日:2019/02/13

2015-03-01からの訪問者数
  1372 人